2008年10月09日

Advil

advil

【有効成分】
Ibuprofen(イブプロフェン) 200mg
*英語ではアイブプロフェン

【説明】
お医者さんがくれる「ブルフェン」と同じ薬です。
市販薬のイブを使っていた人はこれを飲みましょう。
個人的に一番好きな薬で、お勧めです。
日本に比べてお安いので、旅行者のお土産にもお勧め♪
まあ、えらいマニアックなお土産ですが(笑)
薬剤師友達は買って帰ってましたね〜。

【使用法】
1回1錠。
4〜6時間おきに服用。
*その他詳しいことはパッケージの Directions で確認して下さい

【リンク】
iモード Advil−Wyeth
iモード Eve−SS製薬(日本語)

■ 頭痛薬・痛み止めリスト
■ Advil 色々

【値段】
イブAの希望商売価格は60錠で1,680円。
店頭価格はもうちょっと安いだろうけど、分かんないから。
1回2錠飲むので、30回分ですね。
Advilは50錠、つまり50回分で6ドル程度。
安いでしょ!?
ジェネリックを買えばもっと安いよ。

【ちょっと専門的な説明】
日本では医療用医薬品は200mgだけど、市販薬は150mgです。

イブA錠は、イブプロフェン以外にもこんな有効成分が入ってます。
・アリルイソプロピルアセチル尿素(鎮痛効果を高める)
・無水カフェイン(鎮痛効果を高める)

イブ・クイックにはこれに加えて胃粘膜を保護するために、
酸化マグネシウムが配合されています。

Advilの有効成分はイブプロフェンのみ。
ブルフェンと全く同じと考えて差し支えありません。
ブルフェンは100mg錠と200mg錠があるけど、
Advilは200mg錠のみです。

アメリカでは24時間で6錠(1200mg)までOKになってますが、
これは日本で定められている上限の2倍です!!!
また、1回に2錠(400mg)飲んでもいいと書いてありますが、
これまた日本の2倍です。
posted by お薬 at 07:29 | Comment(2) | 頭痛薬・痛み止め | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
リフレッシュに来たハワイで、風邪で、熱が出て大変だった時、薬がわからない時検索させていただき、とてもよくわかり、助かりました

熱も下がり、今は鼻です

総合感冒薬みたいなのはないんでしょうか?
Posted by 良知裕子 at 2014年01月23日 02:42
タイレノールやその他のいわゆるpain killerと比べてAdvilは市販薬の中で格段に痛み止めの効果が高かったと記憶してます。留学中に入ってた医療保険にはデンタルプランはなかったので一時帰国まで歯痛を抑えるのは大変でしたが、他社の痛み止めでは歯が立たず、これ一本でした。体感的には日本のバファリンの比ではないほど強いと思います。
Posted by at 2016年08月01日 03:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。